ミソカを好きな理由

3mg

先に申しますが、私はミソカ運営会社とはなんの関係もないただのいちファンです。そんな私がミソカを好きな理由、それは『シンプルでカンタンで使いやすい!しかも無料!!』に尽きます。いかにシンプルで使いやすいかという点については他のページで機能紹介と交え書いてます、しつこいくらいに。笑

そこでここでは具体的にミソカを使い始めて感じるビジネス上のポジティブな変化を紹介してみようと思います。
ポジティブな変化を起こしてくれるから好き、という切り口で読んでもらえればと思います

 

Misocaに変えたら売上が上がった?!(都市伝説じゃありません)

ここだけの話、Misocaに変えたことで見積書の作成が捗りまくり、クライアントへの提案スピードがあがり売上が上がりました。これは偶然ではなく必然だと思ってます。というのも、僕の仕事はウェブサイト制作。まずクライアント先に伺い、要望を聞きながら提案をします。小売とは違いデザインやプログラムが絡むため、いわゆるオーダーメイドです。だからその場では見積は出来ず、持ち帰ることになります。

持ち帰ってから見積書と提案資料の提出が遅くなると成約率が下がるんですよ。そりゃそうですよね。現場で盛り上がったのに見積書や提案資料が1週間後とかだと熱が冷めます。鉄はアツいうちに打て!という感じで少しでも早くコンタクトをとらないといけません。

そんなとき、見積書がサクッと作れると本当に助かるんです。提案資料を作る時間も多くとれますし、なんなら打ち合わせの帰り道にスマホから見積書だけサクッと作ることも出来ます。本当に成約率が上がりました。

 

請求書の発行や管理も本当に楽チンだからキャッシュフロー的にも助かる!

さらに、見積書を請求書にワンタッチで複製出来るので請求書の発行もスムーズ!キャッシュフローはとても大切なので、請求書もスムーズに発行し、確実に期日までに入金してもらうことがとにかく大切。たとえば翌月末払いという契約になった場合、当月中に請求書を届けないと入金日がずれてしまいます。

たとえば9月末のお昼に見積が通り、『請求書よろしくお願いします。PDFで構いませんよ。』と、請求書を出せる状態になったとして…

Misocaがない時…

『ああ、早く請求書作らないと!!でも今日は夜まで外出で移動が多いからExcel触ってる時間なかなかないなぁ』

結局作れず10月に。

『今日、10月1日ですね。ってことは支払いは11月末ですね。』

Misocaがある時!

『請求書作らないと。でも夜まで外出だしなぁ。。。よし、スマホからMisocaで作ろう!』

Misocaにて見積書を請求書にワンタッチで変換し、PDF化。gmailから戦法にGo!

『請求書ありがとうございます。それでは10月末にお支払しますね。』

 

フリーランスしてる人や社長さんならわかると思いますが、マジでこの1日の違いで『翌月末払い』の入金日が変わります。そこをなんとか!が通用しない場合は結構ある。そして、入金日が1ヶ月違うだけでどれだけ経営の楽さが変わることか…。キャッシュイズキングです。入金は一日でも早く!これはキャッシュフローの基本ですよね。

 

その他にもとにかく便利な点の多いMisoca。今後もこちらに加筆修正していくか、もしくは別記事で深掘りしていこうと思います!

ミソカの使い方(初期設定)はこちら

2016/09/27